マクドナルドとケンタッキーフライドチキン、そのイメージの差。

f:id:wakita0810:20181128223927j:plain

 

営業で外回りに行くと、いつも営業先の美味しいものを食べたくなってしまう。

お金がもったいないことはわかっているから。。

なるべく避けるんですけど、それでも誘惑に弱い私は、、、

日々の小さな誘惑に勝ち続けてこそ、理想の自分に近づく。

その気持ちを忘れないでおこう。明日から。

 

ケンタッキーフライドチキン

 

 ケンタッキーフライドチキンが現在数量限定で販売している商品、

 

『ザ・ダブル』

 

みなさんしっているでしょうか。

このブログの最初に貼ってある写真が実物です。

 

 

ザ・ダブルは、「オリジナルチキン」と同じ調理法で仕上げられた

肉厚なチキンフィレ(鶏胸肉)の一枚肉を2枚使ってバンズ代わりにし、

スライスしたチェダーチーズとローストしたベーコン、バーベキューソース、

マスタードレリッシュを挟んだもの。

 

だそうです。

 

これがおいし〜んだよ、まったく。

 

よく営業に行く製薬会社さんの最寄り駅にケンタッキーがあるんです。

お昼の時間にそこに行くときには、結構な確率で入ってしまいます。

それでこれを食べてしまいます。

 

美味しいんですよ。本当に。

セットで頼むとついてくる カーネリングポテトも超絶美味しい。

 

マクドナルド

 

それに対して、私はマクドナルドでご飯を食べることはほとんどありません。

 

たしかに子供の頃はよくありました。

でも最近はめっきり食べなくなりました。

 

その理由を考えてみるんですけど、まず、

 

ファーストフードは体に毒

 

という強い偏見(実際悪いけど)が、

私の中に存在していることが原因だとわかりました。

 

でも、ファーストフードってマクドナルドだけじゃなくない?

たくさんあるじゃない。ケンタッキーだって、そうだし。。

 

じゃあなんでマクドナルドだけを以上に私が利用しないのかを考えてみるんです。

 

小さな理由としては、店内も一つとして挙げられます。

 

マクドナルドの店内って、

油にまみれている感じしませんか?

 

店内にいるだけで、少しだけ気分が悪くなってしまうことがあるんです。

新品のスーツを着てはまず入りたくないと思ってしまいます。

でもそれは、ケンタッキーも一緒なんだと思います。

でもケンタッキーの店内ではそんなことを感じたことはほとんどないわけです。

 

大きな理由としてあげられるのもう一つが、、

 

ファーストフード

=マクドナルド というイメージがつきすぎている

 

これも個人的に理由の一つとして考えられます。

 

ファーストフード、と言われたときにまず人が思い浮かべるのは

マクドナルドではないでしょうか。

 

そして、ファーストフード=体に毒 というイメージが

昨今ではメディアでも特に強く印象付けられている気がします。

 

ファーストフード=マクドナルド=体に毒 

 

という図式がこうして出来上がっているように思われます。

 

そして最後にもう一つ、

 

マクドナルドのマイナスな報道が多い。

 

これもマクドナルドのイメージがマイナスになる要因になっていると感じます。

 

マクドナルドに限らず最近報道の多い異物混入

業績悪化の報道。(最近は巻き返している模様)

そしてマクドナルドが打開策として様々な施策をするたびに、

ネットでは嘲笑の的にされているような印象すら感じます。

 

マクドナルドは、

マスコミの報道やネットの批判の的になっている気がしてならないのです。

 

そしてイメージはマイナスになっていく。私もそんな人間の一人です。

一度強くマイナスのイメージがついてしまうと、

目につくものが全てマイナスなイメージになってしまう恐れがあります。

それは負のスパイラルとなってしまう。。

 

それでも、たまに食べるマクドナルドの製品は最高に美味しい。

 

あのポテトなんて、国民全員が大好きでしょう。

ちなみにマックシェイクは今でもたまに飲みますしね。

 

そんなマクドナルドさん、

品質管理と衛生面を徹底することで、

今よりももっと業績をあげることができるのではないでしょうか。

 

ぜひぜひ、これからもがんばっていただきたい。