気づいたら2時間歩いてました

f:id:wakita0810:20181118182454p:plain

 

足が痛い。

昨日、ノリで歩きすぎたからでしょうね。

 

小さな目標を一つ一つこなして、少しずつ成長していく

 

昨日ふと、そんなことを考えることがありました。

 

『秋葉原〜南砂町』 間(約8.4Km)を2時間かけて歩いていた時です。

 

『食べすぎたから歩いて消費しよう』から始まった2時間

 

そもそもは、高校時代の友人と都内で遊ぶ約束をしていただけだった土曜日。

今回は割愛しますが、想像していた以上に食べ過ぎてしまったのです。

その摂取カロリー分を歩いて消費しよう、となったのが全ての始まりでした。

 

まずは秋葉原からスタート。

この時は夜ご飯に『欧風カレー ボンディ』を食べるため、大手町へ向かいました。

 

『ボンディ 大手町店』へと向かって歩くこと15分。

たどり着いたお店は、15:00で営業終了していました。

 

『ここまで来てボンディ食べずに帰れるか!!』ということで、

その近くの店舗『神田小川町店』へと向かうことに。

 

歩くこと5分。『ボンディ 神田小川町店』へと到着。

その日すでに大量のカロリーを摂取していた僕らですが、

ビーフカレーをあっというまに完食。

 

『完全に食べ過ぎたな・・』ということで、

ここから地獄のウォーキングが加速していきます。

 

『大手町駅まで歩こうか』から始まる。

 

僕らは二人とも東京メトロ東西線沿線上に住んでいるので、

そのうちの大手町駅まで歩いて、そこから一本で帰ろうという話に。

 

『ボンディ 神田小川町店』から歩くこと15分。大手町駅へ到着です。

ここで、僕たちは気づくのです。

 

『あれ、以外と歩くの余裕じゃね?』

『日本橋なんてすぐ隣だし、歩こうぜ!』

 

そんな感じで、歩く距離がどんどん増していきます。

歩くこと15分。日本橋に到着です。

 

そこで一度トイレ休憩を挟みます。

そして次の目的地が決まるわけです。

 

『茅場町も、すぐ隣だよね?』

 

東西線ユーザーならわかるこの感覚。

大手町〜日本橋〜茅場町 は一つ一つの駅の距離が短いのです。

 

次の目的地は茅場町となりました。

このように、東西線沿線の駅をどんどん歩いていくことになったのです。

 

行けんじゃね?という軽いノリ

 

茅場町までは5分で着いてしまいました。

今までの距離からしたら短いので、余裕の表情だった僕ら。

 

『門前仲町、行くっしょ』

 

また次の目的地が決まりました。

 

門前仲町まで歩くこと約20分。

ようやくたどり着いた時、少しずつ足に疲労が溜まってきていました。

 

しかし、東西線は私たちの心理を見透かしたような設計をしていたのか、

そこから次の駅の木場駅まではとんでもなく近い。

 

歩くこと15分。木場駅へ到着です。

 

次の駅、東陽町まで向かうか少し悩んだ私たち。

とりあえず周辺地図を見てみます。

 

そこで、

門前仲町〜木場〜東陽町間がほぼ等間隔であることに気づいてしまいました。

 

『東陽町もいけるな』

 

次の目的地へ向かいます。

歩くこと15分。

道中は、すでに次の次の駅まで歩けるかどうかの話し合いをしていました。

 

地図アプリを見る限り、

次の南砂町までもこれまでとほぼ等間隔だということが判明。

足の疲労が限界へと向かっていく中、次の目的地も決まりました。

 

歩くこと15分。東陽町駅へと到着しました。

そのまま迷うことなく、南砂町駅へと出発。

 

そして、次の目的地西葛西駅へと向かうかどうかを話し合う。

葛西在住の彼はよく知っていたようだ。

 

距離こそは今までと遜色ないが、

大きな橋を渡ったり、傾斜の激しい道を歩くことになる。

時間にすれば30分以上はあることになりそうだ、とのこと。

 

秋葉原〜南砂町へと歩いてきた私たち。

その前に、すでに渋谷〜原宿や秋葉原周辺を歩いていたので、

ここで最長時間歩くことは厳しいと判断した。

 

もちろん、頑張れば問題なく歩ける。

が、いま苦しんでやるようなことでもない という結論に至った。

 

こうして我々のウォーキングは終わりを迎えた。

次回は、大手町〜中野を歩こうと約束し、解散した。

 

15分+15分15分15分・・・

 

一つ一つの駅間に歩いた時間は長くても20分。

しかし、それを一つ一つクリアしていくことで、2時間歩ききることとなった。

 

初めから『2時間歩くぞ』と思うよりも、

少しずつ少しずつ目標を決め一つ一つ達成していく。

 

『成功体験の積み重ね』という意味で、そちらの方が

達成感も多くモチベーション維持につながるような気がした。

 

何か成し遂げたいことがあったときは、

毎日コツコツと積み重ねるほうがうまくいく、ことを実感した気がする。

 

『休みの日にまとめて3時間やるぞ』よりも、

『毎日30分やるぞ』の方が継続につながるということは真理であろう。

 

何かの勉強に当てはめて考えてみれば、

毎日コツコツ継続した方が記憶にも効果的だということは明白である。

 

『あしたまとめてやろう』ではなく『今日ちょっとだけでもやろう』の考え方に

これからはシフトして生きていこうと思います。