大学卒業後、三年のフリーターを経て晴れて正社員となった友人の話。

f:id:wakita0810:20181115082937j:plain

 

寒くなってきました。。

秋頃に新しく買ったスーツ、お気に入りで着ているんですが、寒い。。

サラリーマンのいけてるコーデを教えてください。。

 

環境を変えたら人生変わった

 

前回の記事で、

転職したことによって活き活きと働くことになった元同期の話をしました。

 

www.teihen-ad.com

 

 

とは言ったものの、

環境を変えたからといって、必ずしも全ていい人生になるとは限らない。

そんなことは誰もが思っていると思います。

 

晴れて就職できた元フリーターの友人の話

 

私には、昔からのとある友人がいる。

彼は大学時代、就職活動に失敗してフリーターとなった。

家庭の事情なども重なり、まともに就職活動ができなかったことも理由である。

 

心をふさぎこみがちになってしまった彼を、私は就職するよう強く勧め続けた。

彼はその場ではうんうんという。

そしてもちろん就職しなければならないことをわかってもいる。

それでも頑張ったところで報われることはないと思い込んでしまっていて、

なかなか就職活動に踏み切れない。

 

彼に成功体験を積ませることが必要なのではないかと思った私は、

 

『小さなことでもなんでもいいから、

 興味を持ったことに手を出してみようよ、きっと楽しいよ』

 

と、提案した。

自分から何かを行動したことで楽しさを得ることができたら、

それがまた次の行動をすることにつながると思ったからだ。

 

何より社会人になってからの私がそうだったから。

 

それでも彼は重い腰をあげようとしなかった。

私は無理やり彼に何かをさせようとはしなかった。

 

晴れて転職に成功した私は彼にもう一度言葉をかけた。

 

転職成功したよ!

何か就職活動で聞きたいことあったら言ってね!

なんでも相談乗るから!

 

彼から転職に関する相談が来ることはなかった。

 

それからしばらくして、彼もようやく転職活動に精を入れるようになりました。

私にアドバイスを求めることはありませんでしたが、

彼はその中でも無事に内定を勝ち取り、晴れて正社員となったのです。

 

彼を祝福するために、旧友たちを集めて飲み会もしました。

その時の彼は仕事へのやる気も見せていました。

 

私の助言など必要なく、

自分だけの力で勝ち取った内定にこそ価値があるのだろうなと思いました。

 

それから彼が楽しく生活できることを私は心より願っておりました。

 

環境を変えたからといって。

 

彼が就職してしばらく経ちました。

人生への愚痴がほとんどを締めていた彼のツイートの中にも、

少しずつ希望に溢れたものが現れ始めてもいました。

 

が、やはり現実はそう厳しいものではありませんでした。

 

仕事内容は自分には向いていると言っていたものの、

扱っている内容が高度で、それを短期間で詰め込むやり方に疲弊し始めていました。

さらには待遇面でも、採用時と聞いていた話とは食い違っていた部分もあるようで

彼は不満を言っていました。

 

現在の彼のツイートからは、仕事や人生に関するポジティブなものは消えました。

 

フリーター時代のネガティブなものが大半を占め、

当時よりも圧倒的にツイート数も消えました。

 

現実逃避のために趣味の世界に逃げる頻度も増えたようです。

 

でもそれが心の支えになっているんだとしたら、彼には踏ん張って欲しいです。

時間が解決するとは思えないけども、何か新しいものを見つけ出して欲しいですね。

 

私は友人としてこれからも彼を応援し、

何かあった際には手助けをしたいと考えております。

 

全ての働く人たちが、活き活きとする世界になることを祈っております。