キャラアニ戦争

f:id:wakita0810:20181103203543j:plain

  

毎週土曜日のシナリオ学校。いいもんですね。

学べることがありすぎることはもちろん、

1週間に一回刺激を受けるのでそのたびにやる気が戻ってきますから。

最近は毎日ブログか脚本のネタを考えるようになってきました。

 

良い習慣ですね。 

もう乃木坂ちゃんのライブから1週間たつのか。。

 

AKBとアイドル 

 

wakita0810.hatenablog.com

 

2009年。高二の秋。アイドルに出会ってしまったんです、私。

高橋みなみさんに出会うことによって。 

そのまま握手会に連れて行かされることはさすがになかったんですけど、

そこからAKBを勉強する日々が始まります。

 

数々の雑誌を見せてもらいました。

こんな曲があって、こんな番組をやっていて、こんなライブがあって。

ライブのDVDを借りましたね。修学旅行にはDVDプレーヤーを持ち込んで部屋で

鑑賞会した記憶があります。やっぱり知っていく過程は本当に楽しくて楽しくて。

「AKBINGO」を第1回から全て追って見ていた時は本当に楽しすぎて1日で見きり

ましたね。AKBINGOがこの世の番組で一番面白いと本気で思っていた時期もあり

ました。毎週金曜日には学校終わりにすぐ帰宅して、「週刊AKB」を正座してみていま

したね。考えてみると、最初から今までずっとそうだったんだなーって思いますが、

アイドルの冠番組を見るのがまず大好きみたいです。そこからはまっていくらしいです

ね。テレビっ子の宿命でしょうか。最近では、「ひらがな推し」がおもしろくて、

けやき坂46を好きになりかけてますからね。影山さんとか好きです。

活動休止しちゃうけど。

 

キャラアニ戦争

 

そんなこんなで順調にAKB48狂いになっていた私です。

「RIVER」で紅白に初めて出たのもこのころ(アキバ枠として1回出てたけど)。

正座して見てました。

 

年を明けたころでしょうか。

 

「もうすぐ キャラアニ戦争 だから頑張ろうな。」

 

って友達に言われたんです。

私にはなんのことだかさっぱりわからなかったんですが。

 

当時のAKB48の個別握手会(メンバー1人につき握手券1枚)に参加するには

キャラアニ.com というサイトからCDを購入する必要があったんです。そこのサイトに

飛んで、自分の握手したいメンバーと枚数、日程を選んで購入。という感じ。

いまでこそ完全抽選なのですが、その当時は完全先着順。前田敦子も大島優子も

篠田麻里子も渡辺麻友も、板野友美に高橋みなみに小嶋陽菜。いわゆる"神7"

呼ばれるメンバーたちが全員在籍していた時代に。

しかも、今では握手会に参加するのもライブに参加するのも身分証明が必要でしたが、

この当時は身分証明が不要。転売がそこいらじゅうでまかり通っていた時代ですね。

さらに言ってしまうと、この時のシングルに限っては握手会ではなく、写真会。

メンバーと2ショット写真が撮れてしまうというもの。

 

なにが言いたいかって、

 

要するに プレミアチケット だったってことですよ。

 

勝ち

 

そんなCDの予約販売当日。

私はめちゃくちゃ緊張しながら自宅のパソコンとにらめっこしてました。

友達とメールで状況確認をしながら。

当時はラインはおろかスマホ自体普及してなかったなー。

 

夜18時に予約開始とかだったでしょうか?

時報を聞きながらキャラアニ.comのページとにらめっこ。

目的はもちろん、高橋みなみさん。

そして勉強していく中で魅了された、宮澤佐江さん。(芸能界引退寂しいですね)

 

そして時間になったその瞬間、全力でマウスを連打。

 

一瞬でサーバーおちました。

 

友達もみんな繋がらないそう、アクセスが相当集中したのでしょう。

復旧を信じてリロードしながらパソコンとずっとにらめっこ。

あきらめて友達がみんな寝始めました。

私はしばらく粘っていたのですが結局諦めて睡眠。

 

朝、6時ころだったかな?

なぜか目が覚めたので、キャラアニの様子を見るためにリロードしてみると・・

 

メンバー選択画面が出てきた。

 

すぐさま目的のメンバーを選択し、購入。

無事に高橋みなみさんと宮澤佐江さんを確保。

友達に連絡して、その友達も無事確保。

 

どのメンバーもしばらく売り切れにならなかったので、

みんな諦めて寝たんだろうなーーという感じ。

目覚めてよかった。運が良すぎた。

 

こうして私の最初で最後のキャラアニ戦争は幕を閉じました。

 

これ以降は完全先着制ではなくなったし、

その後まもなく身分証明も始まってたような気がしたので、

私はキャラアニ戦争という貴重な体験を制した数少ない人間となりました。