私がテレビ業界を志望する理由は・・・。

 

先週の土曜日から日曜日、月曜日。

3日間更新を怠っていたところを、今日から3日かけて取り戻します。

 

 

今日は初めて自分主導で客先訪問しました。

意気揚々と準備をして臨みました。

部屋に通されることなく、あいさつしただけでした。

信濃町だったので、映画「君の名は」 に出てくる歩道橋で撮影をして帰りました。

 

 私がテレビ業界を志望する理由は・・・。

 

前々回の記事で

就職活動における、会社の志望理由について少しお話しました。

今回は、私の就職活動(新卒)における志望理由 について

具体例をあげながら考えてみます。

  

wakita0810.hatenablog.com

 

前回で、企業の志望理由を

 

①・・その仕事に興味を持ったきっかけ

②・・その会社に興味を持ったきっかけ(なぜその会社なのか)

③・・(その興味から)自分が行動してきたこと

④・・その経験がどう会社で生かせるか

 

以上の4つにざっくりと分けてみました。

 

では、

私のかなり志望度が高かった「テレビ朝日」について、

具体例をあげて考えてみましょう。

(ぜんぜん落ちたので、考え方だけ参考にしてください。笑)

 

①中学1年生のとき、テレビ朝日「内村プロデュース」という番組が大好きで、毎週月

曜日の深夜の楽しみにしていた。明日学校行きたくないなあと思った夜も、この番組を

見て笑って、寝て、気持ちよく朝を迎えていた。そんな中、番組が突然終了。「終わっ

てしまったなら、自分で面白い番組作るしかない」テレビ制作を志したきっかけがこれ

でした。

 

②前述の通り、「内村プロデュース」を制作していたこともあり、深く興味を持って

いた。と、同時に、思い返してみると、2004年の「M-1グランプリ(主制作はABC

テレビ)」がきっかけで、漫才の面白さに目覚めて、サークルでやるまでに至った。

お笑いを好きになって15年以上経つが、今の私に多大なる影響を与えたこの2番組を

制作するテレビ朝日で働きたいという気持ちが強かった。

その根本には、「寝る前に何も考えずに見れて、笑って、気持ち良く睡眠できるような

番組制作をしたい」という思いがある。「内村プロデュース」がかつての自分をそうさ

せてくれたこともあるが、その上、現在のテレビ朝日の11時代の番組はバラエティ番組

の占める割合が多い。ここでなら自分の創りたい番組が制作できると思った。

また、現在放送されている「しくじり先生(当時)」は、入社2年目の若手社員が企画

したものだと聞く。企画が認められれば若手でもチャンスがある点にも魅力を感じた。

 

③大学ではお笑いサークルに入り、自分で漫才・コントなどのネタを作って披露して

きた。

 

④自ら 「笑いを生み出すもの」を考え、制作した経験は企画を考える上でも発揮され

る。それに付随して、一度やったネタの反応から、お客様が何を求め、どうしたらネタ

が良くなるかも考えてきた。テレビ制作においては視聴者が何を求めているかを考え

ることが必須になるが、この経験も活かすことができるのではないか。

 

 

 

こんな感じでしょうか。。

もっともっとあるんですが、ざっくりまとめたらこんな感じだったと思います。

 

ああ懐かしい。。

一番行きたいのは 「ABCテレビ」だったなあ。あの時は本当にがんばったよ。。

(今でも諦めてません。絶対に作家として結果を出して、制作に携わりたいし、

 入れるもんなら入りたい)