脚本家として

 

田町のベローチェからこんにちは。職場が田町です。

三年前は通学してたので、いろいろなところで さまざまな思いが…

 

 これからの展望

 

私が人生でやりたいことはまじでありすぎてあれなんですけど、

まあ今一番目指していることは、、

 

「好きなこと書いて、脚本家として認められる」

 

これですかね。

あれ?お笑いじゃないの?って。

 

私が人生でもっとも好きなものはお笑いです。

それは今も20年近く変わっておりません。

それを創り上げることも目標ですよもちろん。

 

でも今、

自分が一番頭を使って考えて創り出すことに魅力を感じていることが

脚本なんです。

 

もともとドラマは子供の頃から大好きでしたよ。

というよりテレビっ子だったんです。

2000年代はドラマ見まくってましたよ。今もですけど。

 

映画も好きです。

でも映画好き!!っていうと、私よりディープな人は本当にいくらでいるし、

私は邦画ばかり見るし、洋画の名作映画もほとんど見れていないので

大きな声では言いません。

 

辛いことがあった時、お笑い見て励まされたことは何度もあります。

 

それと同じように、

ドラマや映画を見て心がすっきりすると、

今がんばるべきことへの意欲につながります。

 

万引き家族見た時は思うところがありすぎて別の感情生まれまくりましたが。

 

面白い番組を作りたい!と思ってテレビ業界に入った時も

自分の作った番組を見た人が少しでも笑ってくれたらなあって、

根底にはありましたし

私の作品を見てくださった方の、人生の活力になればなあって思います。

 

そんなわけ私は今、表参道のシナリオ学校に通っています。

「何を書くか」 ではなく 「どう書くか」 を学んでいます。

 

やはり映画好きが多いので、肩身の狭い思いもしてますが、

がんばっていきたいですね。

 

次回はなんだろう…

 

その時に思いついたこと、書きましょうかな。